イライム湖
トップ > 日本の言語 > イライム湖

      イライム湖(中国語名:伊雷木湖)、湖面の面積は212.5k㎡、海抜は1120m、1.13億㎥を貯水して、水の最も深い所は約100m、空中から俯瞰すると巨大な「8」字形を呈して、富蘊大地震断層帯最大の堰塞湖である。湖の東西両側に雄大な峰がそびえ立って、南北両側に緑の木はめぐって、広々とした肥沃な田畑、村がその中に嵌め込んで、奇抜な倒影は水の中で映られて、2枚重複の連続する画面を形成した。湖面の中央が東西2基の大山に半分に削られて、近い所から見ると長江三峡に似て、高い所に登って見おろすと、まるで巨大で比類がない藍玉のようである。