白樺林遊覧区
トップ > 日本の言語 > 白樺林遊覧区

      白樺林遊覧区の面積は約1.5k㎡、3つの大きさが異なる白樺林から構成して、白樺を主として、次はシベリアロシアポプラであり、森林は寒温帯山地の闊葉次生林である。春夏の頃、木陰は日光を遮蔽して、草花は地面いっぱいで、レジャー、涼をとり、別の情趣がある。秋季の頃、金色は木を染めて、小橋の下に水が流れて、自然界の音、夢まぼろしの仙境みたい。