水磨溝遊覧区
トップ > 日本の言語 > 水磨溝遊覧区

      「水磨溝遊覧区」は、20世紀60年代溝口の「水磨き」により名声を得た。谷の中には松と樺が入り交じて、草花は床を敷いて、テントが引き立たせて、牛羊が走っている。更に双乳峰、万寿山などの象形山岩石があり、本物そっくり、精巧で美しい。10数キロメートルのレジャー遊覧は、水流れの曲折、山坂の上下及び日当たりの変化により、谷の中には時に広くて時に狭くて、曇ったり、晴れたりして、観光客はあるいは谷に沿って気の向くままに歩いて、あるいは川をかち渡って危険物を通り抜けて、太陽が暖かくて、悠然とした南山、思う存分の中で自然に返還するようである。