ウルチス大峡谷
トップ > 日本の言語 > ウルチス大峡谷

  ウルチス大峡谷(中国語名:額爾斉斯)は、コクトカイ風景区の主要な風景区である。高ぶって激しいウルチス大峡谷が峡谷の深い所から発祥して、西側へ激しく流れる。青く波が打って、泉水がお互いに湧いて、全長は70余りkm、川沿い対峙連綿と配列する花崗岩の峰々、山の峰は多くに鐘の形、ドームの形、錐の形を呈している。飛来峰、駱駝峰、象花峰、神鷹峰などの無数象形石風景があり、一山一景一世界、「一〇八峰」と呼ばれる。
  峰の中に相対高差365mのアミルサラ峰(中国語別名:神鐘山)が絶賛させる。単独な峰が立って、絶壁は雲の中に入って、断崖は水の近くにあり、アルタイ山風景の極みである。峡谷内の原始林は密生して、松、ポプラ、樺などは入り乱れて輝いて、被覆率が80%以上に達する。谷川溝が縦横して、水磨溝、金三角、瀑布溝、野葡萄溝などは、お互いに合流して、花の香りが谷までに立ちこめている。山、水、木、石、人は遠くからお互いに呼応して、その中に身を置くと、まるで夢まぼろしの仙境である。